【暮らしの拝見会】in 菊陽チクリン のご報告

かれこれ約3ヶ月前、ディレクター小野のブログでもお伝えしていますが、9月15日に、暮らしの拝見回を開催しました。

小野のブログはコチラ▽

暮らしの拝見会 in 菊陽 にんじんビュー

この時の暮らしの拝見会は初の2邸同時に大公開!

ということで、季節は秋から冬へと移ろう頃ですが、2邸目のK様邸の様子をお伝えします。

 

竹林の景色を取り込んだ家 題して「チクリン」

 

K様は建築中にブログも書いてくださっていたり、暮らしの動画にも出演協力をいただいていたり、インスタグラムでも#ホム助 ポストをされている有名オーナー様のお一人。

 


K様のブログはこちら

 

 

 

 

時短のカギは玄関にあり

 

さてさて、どんなお宅に住まれているのでしょうか?

早速おじゃまします。

お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、K様邸の外壁は、玄関側だけ黒なんです。

屋根も黒いので、例えるなら「巻きかけの風雅巻き」といったところでしょうか。

実際はこの響きの何十倍もおしゃれです。

 

 

さて、中に入らせていただきます。

足元はHOMEPARTYではおなじみのカラクリートの土間

そして、玄関でのK様のこだわりポイントが2つに別れているダブル玄関

ゲストの皆さんはお客さま用の入り口(写真右手)から上がられていきます。

 

そして、スタッフは許可をいただいてK様の家族用入り口から上がらせてもらいました。

ご家族の靴や子ども自転車が土間に並びます。

 

その先には学校の道具などが収納された棚。

 

そしてそのままクローゼットトンネルへと続く。

という超絶効率的な動線です。

 

トンネルを抜けると、そこはもう、リビングでした。

 

トンネルの出入り口は大工さんの腕の見せ所、アーチ型になっています。

これは、K様が広木町I様邸「ideA HOUSE」を見学されてとり入れたいと思っていたそう。

r

トンネルを抜けると、そこはもう、リビングでした。

 

 

インテリアもトータルコーディネート

 

家のメインの居場所となるLDKは竹林の景色を楽しむ明るい空間。

ペレットストーブや、広松木工さんのソファ、オーダーメイドで作ってもらったというテレビボードなど必要なもの以外は置いていないシンプルさで広々と過ごされている様子。

 

ここでは、ペレットストーブについて、HOMEPARTYで建てたきっかけなど、ざっくばらんな質問が飛び交っていました。

将来ご両親と同居の予定もあるということで、1階には二間続きの和室もあります。こちらには玄関からも一直線ですし、水回りも近いので安心です。

 

時短の神は洗濯もの干しスペースに宿る

 

こちらのお写真は冒頭にご紹介したクローゼットトンネルの反対側。

洗面、お風呂へと続く通路の左側にある扉を開けると・・・

なんと洗濯もの干しスペースになっています。

下に置いてある白い機械で乾燥できるんだそう。

 

生活空間をじゃませずに室内干し。こんなアイディアもあるんですね。

 

乾いたら逆側の扉から隣のクローゼットにかけるだけ。

 

おまけ

 

 

食卓カウンターの片隅にこんな写真が飾られていました。

お引き渡しセレモニーの時の、ご家族と棟梁、担当スタッフ。

当日欠席のスタッフはお手製の丸枠で貼っていただいている細かさ、スタッフ一同嬉しくなったひと時でした。

 


暮らしの拝見会は、今後も不定期で開催予定。

WEBでの告知は行いませんので、ご興味のある方はぜひ一度モデルハウスにお越しください。


 

そして、実はつい最近も開催された暮らしの拝見会in MUU HOUSE.

その様子を12月6日(木)10:00に公開します。

お楽しみに!
5+