書く・描く

お久しぶりです。
夏用の布団から冬用の布団に変えて、初めて潜り込む時の感覚が好きな新米ディレクターの平井です。

突然ですが、皆さまは普段メモを取られる時は何を使われていますか?
ボールペンでしょうか、シャーペンでしょうか、それともスマートホンやタブレット?

私は大学生の頃、考えを整理したりアイデアを書きなぐったりする機会が多く
何かを「書く」ということがとても好きでした。
なので、今でも使う筆記具にはこだわりがあります。

今回は、現在の私のお気に入りの筆記具たちを紹介させて頂こうと思います。

まずは、こちら

万年筆です。

シンプルでカジュアルなデザインがとても気に入っています。

書き心地はというと、、、

ステンレスのペン先と紙がこすれ、「カリカリ」と書いている感覚がしっかりと手に伝わってくるので、どこか鉛筆に近い書き心地がします。

それでいて、力を入れなくても「スラスラ」と書けるので独特の書き心地になっています。

 

つづいては、

こちらのノートです。

大学生の頃から使っているノートで、手触りはすこし「ざらざら」しています。
そのおかげで、「紙に書いている」感覚を味わう事ができるのでとても好きなのです。

先ほどの万年筆との相性も抜群にいいと思っています。

また、どのような筆記具で書いてもスムーズに書け、インクが裏移りしづらいというのもポイントです。
最後にこちら

少しマニアックなのですが、万年筆用のインクです。

天の色とかいて「あまいろ」と読むこのインクは
その名の通り、空の色をイメージしたインクです。
「水色」ではなく、「空の色」というのがたまりません。
それだけで、どんどん書きたくなってしまいます。

 

 

さて、今回は私が普段から愛用している筆記具を紹介させて頂きました。
皆さまもお気に入りの筆記具を見つけて、書くことを楽しんでみてはいかがでしょうか?


モデルハウス「すばこ」についてはこちらから↓

4+